« マグナを介しての技術の習得を加速する動きか? | トップページ | CFD取引で業者を選びぶポイントは?(その2) »

2009.05.22

インフルエンザウイルスの増殖を阻害する物質の開発法を特許出願

 筑波大と横浜市立大のグループは、インフルエンザウイルスが増えるのに必要な

    たんぱく質のしくみ

を解明し、このたんぱく質を作れなくする物質の開発法を、共同で特許出願した。

 新型の豚インフルや、今後想定される高病原性の鳥インフルなど、さまざまなタイプに効果があり、耐性株も現れにくい新薬の開発につながる可能性があるという。

 筑波大の永田恭介教授(感染生物学)たちは、ウイルスの増殖にかかわる複数のたんぱく質のうち、「RNAポリメラーゼ」に着目し、その結合部の構造を解明した。

 グループの解明手法は薬剤の理想的な構造を計算で割り出す

    分子設計を用いたもの

でタミフルやリレンザと同じ手法をとったが、今回はどのウイルスにも共通するたんぱく質が標的のため、将来どのようなタイプの高病原性インフルが登場しても効果が期待できるという。

 なお、RNAポリメラーゼの働きを阻害するインフルエンザ治療薬は、富山化学工業の「T―705」があり、患者を対象にした臨床試験にすでに入っている。

« マグナを介しての技術の習得を加速する動きか? | トップページ | CFD取引で業者を選びぶポイントは?(その2) »

One MileStone」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45088983

この記事へのトラックバック一覧です: インフルエンザウイルスの増殖を阻害する物質の開発法を特許出願:

« マグナを介しての技術の習得を加速する動きか? | トップページ | CFD取引で業者を選びぶポイントは?(その2) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ