« 中国とロシアが国連決議案合意に傾いた | トップページ | 北朝鮮による弾道ミサイル発射計画の情報をロシア軍は保有 »

2009.06.11

世界全体の石油確認埋蔵量が1998 年以来で初めて減少

 BP(石油会社 英)のリポート(10日)

 2008年の世界全体の石油確認埋蔵量はロシアやノルウェー、中国の減少の影響で1998 年以来で初めて減少した。

 BPがウェブサイトに掲載した世界エネルギー統計によれば、 08年末時点の石油埋蔵量は

   1兆2580億バレル
    (前年 1兆2610 億バレル 修正値)

を下回った。

 現行の生産ペースならば42年分に相当する。

 鉱床へのアクセスが一段と困難となるとともに英国やメキシコなどの古い鉱床が枯渇しつつあることから、石油会社が埋蔵量を維持または増やすことが困難となっているとしている。  

 ロシアやノルウェー、中国などの落ち込みが、ベトナムとインド、エジプトの増加分を相殺している説明している。

 ただ、極地探査が権益国の利害対立から実施できておらず、ブラジル等で発見された理論外の2層の原油層、メキシコ湾内の海面下の原油など石油確認埋蔵量を大幅に増やす要因があるため、ほとんど気にすることもない。

« 中国とロシアが国連決議案合意に傾いた | トップページ | 北朝鮮による弾道ミサイル発射計画の情報をロシア軍は保有 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45303752

この記事へのトラックバック一覧です: 世界全体の石油確認埋蔵量が1998 年以来で初めて減少:

« 中国とロシアが国連決議案合意に傾いた | トップページ | 北朝鮮による弾道ミサイル発射計画の情報をロシア軍は保有 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ