« ポンド高は英経済にとって好ましく無い | トップページ | 米国の1-3月期個人消費(確報) »

2009.06.25

台湾中央銀行 政策金利を据え置き

 台湾中央銀行は25日の政策決定会合で、政策金利である市中銀行向けの10日物貸出金利を

    過去最低の 1.25%

で据え置いた。
 この据え置きは2会合連続となる。

 世界的にリセッションの度合いが緩和するなか、過去最悪のマイナス成長となっている台湾経済に回復の兆しが見られていることが背景となった。

 同中銀は昨年9月以降で7度、合計2.375ポイントの利下げを実施している。

    

« ポンド高は英経済にとって好ましく無い | トップページ | 米国の1-3月期個人消費(確報) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45450377

この記事へのトラックバック一覧です: 台湾中央銀行 政策金利を据え置き:

« ポンド高は英経済にとって好ましく無い | トップページ | 米国の1-3月期個人消費(確報) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ