« BRICs首脳会議は閉幕 | トップページ | 全面的な円高で株価が失速し9,700円割れまで下落 »

2009.06.17

長距離弾道ミサイルの発射準備

 北朝鮮が北西部のミサイル基地に加え、北東部の基地でもテポドン2号かその改良型とみられる長距離弾道ミサイルの発射準備を進めていることが16日分かった。

 南東部では中距離弾道ミサイルの発射準備が進み、防衛省は近く新型の短距離弾道ミサイルが発射されるとも分析している等の報道もある。

 自衛隊のレーダーによる警戒を強化するとともに、事態が切迫してくれば迎撃態勢に入る方針を固め


    地対空誘導弾パトリオット(PAC3

の首都圏と関西への展開を検討しているようだ。


 今回の発射準備では、5月末に長距離弾道ミサイルの機材が平壌近くの軍需工場で貨物列車に積まれたのが衛星により確認され韓国メディアは北朝鮮北西部の平安北道(ピヨンアンプクト)東倉里(トンチヤンリ)にある新しい発射基地に搬入されたと一斉に伝えた。  

 衛星写真による分析で、北東部の咸鏡北道(ハムギヨンプクト)舞水端里(ムスダンリ)の基地にも長距離弾道ミサイルの機材が運び込まれた形跡があることが判明した。

 今週に入り、地上レーダーのFPS-5FPS-3を弾道弾探知モードに移行させた。 ミサイル防衛(MD)システムでの迎撃態勢は、海上配備型迎撃ミサイル(SM3)搭載のイージス艦を日本海に配置するが、4月と同様にPAC3の展開地が焦点となる。


 ミサイルの飛行コース通告がない状況で迎撃は難易度が高く、より難しい対応となりそうだ。

 重要防護拠点のある首都圏と関西へ展開するという案が有力とみられる。

 北朝鮮の弾道ミサイル 中距離弾道ミサイルは日本のほぼ全域に届くノドン(射程1300キロ)を200発配備しており、新型(同3000キロ以上)の配備も進めているといわれる。


 ミサイル保持数が多くても発射装置などの設備には限りがあり、戦闘行為となれば全数発射は不可能であり、最大発射数は3割程度のもので、当然ながら保管場所への攻撃が行われれば、残存ミサイルの発射は出来なくなる。

 
 難しい問題としては発射したミサイルを迎撃をするにしてもABC兵器であれば迎撃し落下させても搭載物の拡散がおきるため、出来るだけ国土から離れた地点で落下させることが必要となる。(あるいは国土を飛び越えさせるか?)

 細菌兵器(B)に対しては菌を無毒化する方法での対応が必要であるが迎撃の爆発の熱等で可能かどうかという問題がある。
 ただ、少しは減少させることで被害の度合いを小さくすることは可能かもしれない。
 
 化学物質関係(C)も同じで、熱等で成分の性質が変わるかどうかということが重要となる。

 一番厄介なのは劣化ウラン弾よりも強い核物質(A)が核爆発せずに拡散した場合にでもがん等の被害が将来にわたり拡散した地域で発生することともなり、脅威が残ることで被害が持続する可能性が高い。
  
 このため、核爆発に使用するプルトニウムより低レベルの状態の核物質の量を考えると、こちらを弾頭に入れた兵器への対応が一番難しいようにも考えられる。

(落とすだけでは被害がなくなるものではないし、落とさなくても被害が起きるジレンマがありどちらの少ないと予想される被害を選択するかという問題)

   

« BRICs首脳会議は閉幕 | トップページ | 全面的な円高で株価が失速し9,700円割れまで下落 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

お世話になります。とても良い記事ですね。

お世話になります。とても良い記事ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45365360

この記事へのトラックバック一覧です: 長距離弾道ミサイルの発射準備:

» 迎撃態勢 [ちょっとレアなニュースダイジェスト]
フィフスグラウンド戦記 1章 第6話 戦場で吹く風 た腕を降りおろした。「全艦隊! 攻撃開始!!」 ヒルはライールがヴェリーナを連れてくる最中に5個艦隊を布陣させて、迎撃態勢をとっていた。前もってライールから聞かされていた作戦通りに敵の進撃してきた方向から反対の方向に艦隊を布陣(続きを読む) 「フィフスグラウンド戦記 1章 第6話 戦場で吹く 騎士団率いるヴェリーナの接近を告げられる。一同は瞬時に準備に取り掛かり、ライールは艦隊を出撃させる。更に老練のアーディアも艦隊を率いて迎撃態勢をとってい... [続きを読む]

» インド 弾道ミサイル [MIXニュース]
弾道ミサイル防衛入門商品価格:1,890円レビュー平均:0.0 週刊 軍事ニュース:航空自衛官になりたい人中国軍が空母破壊兵器を開発 中国軍が向こう1年以内に、空母破壊が可能な新型の「対艦弾道ミサイル」の実験段階に入るという証言が「米中経済安保調査委員会」で出された。同じく証言に立った米海軍退役少将は米海軍の行動が制約されるため「日本の孤立 ...(続きを読む) akkeychans blog(このごろ変だよ): 折々の話2009.06.21-294《北朝鮮北西部の東倉里(トンチャンニ... [続きを読む]

« BRICs首脳会議は閉幕 | トップページ | 全面的な円高で株価が失速し9,700円割れまで下落 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ