« 5月個人消費支出(PCE)統計の伸び率は最低 | トップページ | ロシアが経済協力開発機構(OECD)との間で加盟交渉を正式に開始 »

2009.06.27

新たな国際準備通貨の必要性

 NY時間帯、外国為替市場では米ドルがほとんどの主要通貨に対して下落した。

 中国がソブリン(主権国家)から独立した

     新たな国際準備通貨の必要性

をあらためて示したことが背景となった。   

 米ドルの対ユーロ相場は週間ベースで1カ月ぶり大幅下落となった。

 中国人民銀行(中央銀行)が、国際通貨基金(IMF)に対し加盟国の外貨準備の一部を管理すべきだと提言したことが嫌気された。

 これにより米国債相場は今週上昇基調をたどり、10年債利回りは低下した。
 昨年12月以来の低水準となり、想定の投資リターンを押し下げている。

 ロシアに続いて中国も米ドル以外の基軸通貨創設に前向きな発言を行ったことからアジア通貨創設への取り組みが加速する動きが出るかもしれない。
 ただ、IMFの枠組みの範囲内で権益を拡大するためのアプローチの一環とも見え、IMF債券ではなくIMFへの直接出資により発言権をますことが出来ればこうした発言は弱まる可能性もある。

« 5月個人消費支出(PCE)統計の伸び率は最低 | トップページ | ロシアが経済協力開発機構(OECD)との間で加盟交渉を正式に開始 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45463955

この記事へのトラックバック一覧です: 新たな国際準備通貨の必要性:

« 5月個人消費支出(PCE)統計の伸び率は最低 | トップページ | ロシアが経済協力開発機構(OECD)との間で加盟交渉を正式に開始 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ