« 最強のコスト削減 | トップページ | 今日の指標(予定)  »

2009.06.08

ロンドンフィックスまではこのままの動き

東京市場では、月末にかけて外貨建て投信の新規設定が相次ぐことから先を見込んだ買いが続いているようだ。

 6月はボーナス・シーズンのために本数が増えており、とくに24日の大型設定などが注目を集めている。

 外貨建て投信の設定の場合には国内法人や個人から集まった資金がまとまって外貨転(円売り)されて運用が開始されるため、為替相場では外貨高・円安要因となりやすく、相した動きが出る前に円が全面高となっているのは意識的な動きのようにも見える。

« 最強のコスト削減 | トップページ | 今日の指標(予定)  »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45279532

この記事へのトラックバック一覧です: ロンドンフィックスまではこのままの動き:

« 最強のコスト削減 | トップページ | 今日の指標(予定)  »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ