« 今日の指標(予定) | トップページ | スタグフレーションへ陥る可能性(中国) »

2009.06.10

EUの金融監督を一元的に行う機関の設置には紆余曲折があっても致し方ないのでは

(欧州連合(EU)が9日開いた財務相会合

 英国が新たな監督制度が担う役割を制限するよう主張したことから、EU全域の

   金融監督を一元的に行う新たな機関

にどのような権限を認めるかに関する決定が先送りされた。

 ダーリング財務相は財務相会合終了後、各国政府の財政に影響する

   EUレベルの合意

が行われるかもしれない提案を受け入れることはできなかったと語ったもの。   

 サブプライム問題の影響が拡大し景気後退を招いたことにより信用崩壊が進み、全世界で1兆4600億ドルを上回る信用損失や評価損を生じさせた。

 これまで複数の国にまたがって営業する欧州の金融機関の救済をEU各国が余儀なくされた教訓を踏まえて、EU加盟27カ国はEU全体としての金融監督を強化する提案の実現に取り組んでいる。

 財務相会合では、EUの行政執行機関である欧州委員会の提案が協議された。

« 今日の指標(予定) | トップページ | スタグフレーションへ陥る可能性(中国) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45298790

この記事へのトラックバック一覧です: EUの金融監督を一元的に行う機関の設置には紆余曲折があっても致し方ないのでは:

« 今日の指標(予定) | トップページ | スタグフレーションへ陥る可能性(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ