« 資源権益確保への動きを強化 | トップページ | G8共同声明案 »

2009.07.06

米ドル資産の保有は囚人のジレンマに陥るリスクが高い

 スレシュ・テンドゥルカール委員長の発言
   シン首相の経済諮問委員会

   場 所 エクサンプロバンス(フランス)

 インド政府に対し

    2646億ドル(約25兆4000億円)

の外貨準備の運用多角化を図り、米ドルの比重を下げるよう求めている。

 インドの外貨準備の大半は現在、米ドル資産の形を取っている。
 これがわれわれにとってある種問題となっているとインタビューで語ったもので 同委員長は、大量の米ドル資産保有は資産管理という面で

    囚人のジレンマに陥る

と指摘しており、このことから、政府当局に対しこの点の改善を提言していると語ったもの。

 ロシア、中国、ブラジルに続いてインドも米ドルの機軸通貨としての価値を低下させる動きが出てくる見込みが強まってきている。また、昨年、米ドルが暴落する流れの中で中東産油国が米ドルからの保有資産の占有率の改善を促す動きが活発化したことなどもあり、世界経済が回復する流れの中で米ドル資金のシフトが激しくなっていくことが予想される。
  
 特に、米ドル資産を使って資源関連会社を購入する動きを強めている中国やロシアなどのように通貨スワップではなく現物への転換が進んでおり、米国債を買い続け囚人のジレンマに陥っている日本とは大きな違いが出てきそうだ。

« 資源権益確保への動きを強化 | トップページ | G8共同声明案 »

コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45552326

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドル資産の保有は囚人のジレンマに陥るリスクが高い:

« 資源権益確保への動きを強化 | トップページ | G8共同声明案 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ