« 金融危機の震源は欧州の銀行とは? | トップページ | 円買いは投機的な動きの一種で調整が入りやすい »

2009.07.13

米ドルの役割が低下する可能性は小さい?

 ガイトナー財務長官の発言(12日)

   CNNテレビとのインタビュー

(発言概要)
 投資家はリスクを最も警戒する際、通常は世界で最も流動性が高く、かつ最も安全な市場に投資することを望むものであり、資金の安全な避難先として米ドルを利用して米国債市場に投資を続けるため、世界の準備通貨として米ドルの役割が低下する可能性は小さいとの見方を明らかにした。

 また、現行の金融システムの枠組みの中で、米経済の信認を維持できる政策を整えることに全力を挙げると強調した。

  今週、サウジアラビアとアラブ首長国連邦(UAE)を訪問予定であり、湾岸統一通貨への取り組みを牽制する動きを示すかもしれない。

« 金融危機の震源は欧州の銀行とは? | トップページ | 円買いは投機的な動きの一種で調整が入りやすい »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45624640

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルの役割が低下する可能性は小さい?:

« 金融危機の震源は欧州の銀行とは? | トップページ | 円買いは投機的な動きの一種で調整が入りやすい »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ