« RBAが近々GDPを引き上げる公算が大きい | トップページ | 新興国が為替介入を強めている »

2009.07.25

英国経済は踊り場か?

 英国政府統計局(ONS)の発表(24日)

 2009年4-6月(第2四半期)の国内総生産(GDP)速報値(季節調整済み)は

    前期比-0.8%

となった。
 また、前年同期比では-5.6%の減少となり、統計開始の1955年以来で最大の落ち込みを記録した。

 建設業と銀行業、企業向けサービスが記録的落ち込みとなった影響から、英国におけるリセッションの深刻さが浮き彫りとなった。

 市場予想では、前期比0.3%減、前年同期比5.2%減であり予想外に悪い結果を示したことでポンドの上値は暫くは限定的になり踊り場に入った感じだ。 
   

« RBAが近々GDPを引き上げる公算が大きい | トップページ | 新興国が為替介入を強めている »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45733221

この記事へのトラックバック一覧です: 英国経済は踊り場か?:

« RBAが近々GDPを引き上げる公算が大きい | トップページ | 新興国が為替介入を強めている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ