« MGローバー・グループ破綻の責任者への訴追 | トップページ | 原油や天然ガス市場での投機的な取引の規制 »

2009.07.08

ガイトナー財務長官の書簡

 ジャド・グレッグ上院議員あて6月30 日付の書簡
   上院予算委員会のメンバー
     (共和党、ニューハンプシャー州)

 7日に公開された同書簡では、公的資金を注入された32行が問題資産購入計画(TARP)に

     701億ドル返済していること

について、金融機関が回復に向かっていることを示唆しているとの見方を示した。

 公的資金を注入された銀行は政府に52億ドル相当の配当を支払った。また、必要に応じて約1270億ドルの救済資金を将来、利用できるという。

 返済や配当支払いは金融機関の改善に向けた明るい兆しだが、米国経済の再建にはまだ必要な仕事が残っていると指摘した。

 必要に応じた救済資金の使用に向け

    完全な柔軟性を財務省が確保すること

が肝要だとの認識を示した。  

 なお、グレッグ議員は書簡公表と同時に発表した声明で、返済された公的資金はほかの政府支出に使用されるべきではないと主張した。

« MGローバー・グループ破綻の責任者への訴追 | トップページ | 原油や天然ガス市場での投機的な取引の規制 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45571093

この記事へのトラックバック一覧です: ガイトナー財務長官の書簡:

« MGローバー・グループ破綻の責任者への訴追 | トップページ | 原油や天然ガス市場での投機的な取引の規制 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ