« 中南米経済の成長率見通し(IMF) | トップページ | »

2009.07.09

為替市場の動向を引き続き注視

 杉本和行財務事務次官の定例会見(9日夕)

 海外市場で一時1ドル=91円台後半まで円高が進んだことを受け

     為替市場の動向を引き続き注視したい

との考えを示した。

 また、日経平均株価の終値が7日連続で下落したことについては

     株価の水準や動向についてコメントはしない

としながらも、米国で出た経済指標に対して市場でいろいろな見方が出たと語った。

 個別銘柄に対するコメントは必要でないものの相場の方向性についてはコメントを与えても良いのではないだろうか。

    

« 中南米経済の成長率見通し(IMF) | トップページ | »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45583583

この記事へのトラックバック一覧です: 為替市場の動向を引き続き注視:

« 中南米経済の成長率見通し(IMF) | トップページ | »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ