« 新型インフルエンザの流行は南半球の大部分の国でピークを過ぎた | トップページ | 選挙結果、国民が参加した歴史的な選挙 »

2009.08.30

一回接種で国民のほぼ半数の量を確保

 舛添厚生労働相は29日、遊説先の愛知県豊橋市で新型インフルエンザのワクチンについて

   6000万人から7000万人分

のワクチンは確保でき ると思う。安心してほしいと述べ、海外からワクチンを輸入することで、国民のほぼ半数に接種できる見通しであることを明らかにした。

 厚生労働省は、国内で必要なワクチンの量を5300万人分と試算している。

 国内のワクチンメーカーは、年内に1300万~1700万人分しか生産する能力がないため、不足分を輸入でまかなう方針を示していたが、体質の違いで薬効でも大きく西洋人を対象にした臨床試験での効果がそのまま日本人に適用できると考えるのもどうかと思われる。

 ワクチンによる被害を恐れ香港等の医療関係者は注射を拒否しているとの報道もあるが、リスクを何処に置くかで判断が別れるのは致し方ないことだろう。

 ただ、日本では最初のピークがこのまま推移すれば9月中旬に来るとも言われているが、このワクチンによる効果を確保するためには1回接種ではなく2回接種しないと効果が少ないとの話もあり、国民の最大3割を対象とした量が確保しただけで、カナダが国民の2倍の量を確保した動きと比較すると安心感が変わる。

  ワクチンの流通量を考えれば医療機関が予備として確保する分が相当数必要であることから単純に国民と同数でも良い訳ではない。

 無駄になるワクチンが相当数生じるものの、国民の生命に関する安全の確保にはお金が掛かることを考えておく必要がある。

 

« 新型インフルエンザの流行は南半球の大部分の国でピークを過ぎた | トップページ | 選挙結果、国民が参加した歴史的な選挙 »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46066549

この記事へのトラックバック一覧です: 一回接種で国民のほぼ半数の量を確保:

» 空気清浄機はインフルエンザに有効 [空気清浄機でインフルエンザは防げるか?]
空気清浄機でインフルエンザは防げるか? インフルエンザ防止に効果のある空気清浄機のご紹介です。 [続きを読む]

« 新型インフルエンザの流行は南半球の大部分の国でピークを過ぎた | トップページ | 選挙結果、国民が参加した歴史的な選挙 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ