« 人民元建てPEファンド | トップページ | 金融危機の影響で個人消費は引き続き打撃を受ける »

2009.08.15

急落価格の下落に歯止めが掛からないと・・・

 米国連邦住宅金融局(FHFA)は、住宅価格がピーク時から40%下落した場合、政府管理下にある

   ファニーメイ(米連邦住宅抵当金庫)
   フレディマック(連邦住宅貸付抵当公社)

は2000億ドルの信用枠の資金をほぼすべて引き出さざるを得なくなるとの見方を示した。

 ロックハート局長(FHFA)の発言(14日)
   経済専門局CNBCのインタビュー

 住宅価格の40%下落の可能性について、これまで実施したほとんどのストレステスト(健全性審査)で両社は2000億ドルを使い切っていないことは分かっている。

 住宅価格の下落が40%という数字となれば非常に近づくのは確かだと述べた。

 ファニーとフレディは昨年11月以降、956億ドルの公的資金支援を要請している。

 スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)とケース・シラーが発表した住宅価格指数(季節調整前)によると、米国の主要20都市の住宅価格は2006年7月以降32%下落ており糊代が狭くなってきている。

 このまま下落が止まらないようであれば再び破産の増加が強まる要因となり、金融不安が再燃する可能性が高い。 

« 人民元建てPEファンド | トップページ | 金融危機の影響で個人消費は引き続き打撃を受ける »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45930032

この記事へのトラックバック一覧です: 急落価格の下落に歯止めが掛からないと・・・:

« 人民元建てPEファンド | トップページ | 金融危機の影響で個人消費は引き続き打撃を受ける »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ