« 空港の検疫で感染を防ぐことは不可能 | トップページ | 円は海外に流出し安くなる »

2009.08.27

初期反応は限定的

 衆院選挙が30日投開票されるが、民主党を中心とする政権が誕生する可能性が高いと言われており、選挙結果に対する債券相場の

   初期反応は限定的

とみられているが、向こう1年間の長期金利への上昇圧力は1.7%程度が視野に入るとの見方がある。

 ただ、歳出削減が公約通り実現する場合には1%程度まで低下するとの声もあり判断が分かれる。    

 リップサービスだけで実態が伴っておらず経済的な変化を起こせなかった現政権に対する期待は皆無であり、変化が起きれば別の視点が強まり国益に沿った政策の方向性を強め運営されることを期待したい。

   

« 空港の検疫で感染を防ぐことは不可能 | トップページ | 円は海外に流出し安くなる »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46045084

この記事へのトラックバック一覧です: 初期反応は限定的:

« 空港の検疫で感染を防ぐことは不可能 | トップページ | 円は海外に流出し安くなる »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ