« 6月の個人所得の落ち込みがひどい(米国) | トップページ | 欧州の製造業とサービス業を合わせた7月の景気総合指数(改定値)は改善傾向にある »

2009.08.05

米国人ジャーナリスト2人が特別恩赦で釈放

 クリントン元米大統領は4日、北朝鮮を訪問し、金正日総書記と会談した。

 メディアへの事前通知なしに行われた今回の訪朝で、北朝鮮の核問題をめぐる緊張緩和や米国人ジャーナリスト2人の解放に向け、前進が期待され、会談後、北朝鮮の国営朝鮮中央通信は5日、3月に身柄を拘束した米国人ジャーナリスト2人に対し、金正日総書記が「特別恩赦」を与え、釈放を命じたと報じた。

 なお、北朝鮮の国営朝鮮中央通信は、クリントン氏はオバマ大統領からのメッセージを金総書記に伝えたと報道した。

 これについて、ホワイトハウスのギブズ報道官は

     事実ではない

と否定した。

 朝鮮中央通信によると、クリントン元大統領と金総書記は

     包括的な会談

を実施、し、共通の関心事について幅広い意見を交換したとしているが詳細は明らかにしていない。

 また、北朝鮮の国防委員会が同元大統領に敬意を表して夕食会を主催した。

 北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議で同国の主席代表を務める金桂冠(キム・ケグァン)外務次官なども出席したという。

 同通信によれば、クリントン元大統領は平壌の空港で金外務次官に出迎えられた。

 元大統領の夫人であるクリントン米国務長官の外遊に同行する高官は

    途中降機

したスペインで、米国人ジャーナリスト2人の解放の確約を得るのに長い時間はかからないとの認識を示した。

 なお、北朝鮮に拘束されたユナ・リーさんとローラ・リンさんは、中国から違法入国したなどの罪に問われて6月に労働教化刑12年の判決を受けていた。

 米国政府の特使のような行動にも見えるが、現政権とは距離を置いた形での訪問であり、米中国交回復時のキッシンジャー特使の動きのようにも見える。

   

« 6月の個人所得の落ち込みがひどい(米国) | トップページ | 欧州の製造業とサービス業を合わせた7月の景気総合指数(改定値)は改善傾向にある »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45840866

この記事へのトラックバック一覧です: 米国人ジャーナリスト2人が特別恩赦で釈放:

« 6月の個人所得の落ち込みがひどい(米国) | トップページ | 欧州の製造業とサービス業を合わせた7月の景気総合指数(改定値)は改善傾向にある »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ