« 量的緩和策を拡大はあるのか?(英国) | トップページ | 金利水準が引き続き適正(ECB) »

2009.08.06

量的緩和政策とその反転をめぐる議論

 中国人民銀行(中央銀行 5日)

 

人民銀は四半期金融報告でで、先進諸国の緩和的な金融政策は

    大恐慌の再来を防いだ

との認識を示した上で、そのような政策の早過ぎる解除は景気回復を阻害する恐れがあるとの見解であるとのこと。
 ただ、出口戦略の実行を過度に遅らせれば

    新たな資産バブルと深刻なインフレ

を引き起こすリスクがあるとも警告した。

 現在、量的緩和政策とその反転をめぐる議論についての思惑が市場の関心が次第に強まってきており、中国が再びこれに言及したことは

    保有する米国債についての懸念

を反映していると見られる。

 人民銀は、主要先進国の中銀は、景気回復を促すため

    国債利回りを比較的低水準に抑える政策

と、自国の信用力保持のために為替相場の安定を維持することの間で、難しい選択を迫られていると分析している。

 中国の景気回復の基盤はまだ磐石ではないとの認識をあらためて示したうえで、適度に緩和的な金融政策を維持し、必要に応じて微調整しつつ適切な融資拡大を導いていく方針を表明した。

« 量的緩和策を拡大はあるのか?(英国) | トップページ | 金利水準が引き続き適正(ECB) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/45849159

この記事へのトラックバック一覧です: 量的緩和政策とその反転をめぐる議論:

« 量的緩和策を拡大はあるのか?(英国) | トップページ | 金利水準が引き続き適正(ECB) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ