« 米国系金融機関の破綻 | トップページ | 北朝鮮の後継問題は沈静化 »

2009.09.20

大証FXの対面取引

 名古屋市に本社がある豊証券では10月1日、大阪証券取引所の外国為替証拠金取引市場

   大証FXの対面取引

を始めるという。

 大証FXを扱う証券会社は6社あるが、いずれもネット取引で、対面取引は証券業界で初めての動きとなる。  

 同社の扱う商品は株式や投資信託が中心で、為替商品の品ぞろえを強化し、株価が下落する局面でも顧客が利益を得られる機会をつくるのが狙いとしている。

 対面取引で顧客の資産状況に応じたアドバイスができるようにして、競合他社との差別化を図る。  

 地場証券は、営業収益に占める株式委託手数料の比率が高いことから、株式市況が低迷すれば軒並み業績が悪化するという課題を抱えてきた。
 そのため、株式以外の新たな収益源を持つことが生き残りのカギとみられている。

« 米国系金融機関の破綻 | トップページ | 北朝鮮の後継問題は沈静化 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46257166

この記事へのトラックバック一覧です: 大証FXの対面取引:

« 米国系金融機関の破綻 | トップページ | 北朝鮮の後継問題は沈静化 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ