« サモア沖でM8.0の地震 津波の恐れ | トップページ | 米ドルの外貨準備高に占めるシェアが低下 »

2009.09.30

対日経済審査報告書(OECD)

 

日本はデフレ傾向が継続していることを踏まえ、日本銀行は政策金利を

    ゼロ近傍に据え置くべき

と提言、デフレ克服後は0-2%としている

    物価安定の理解の下限を引き上げるべき

だとしている。

 現状の日本経済については、日本銀行による金融市場対策や政策金利の引き下げ、政府による大規模な財政出動は景気悪化の影響を和らげ、緩やかな回復のきっかけとなっているとの認識を示している。   

 ただ、回復のペースは、円高による輸出の伸び悩みなどにより抑制されるとの見方を示した。

  

« サモア沖でM8.0の地震 津波の恐れ | トップページ | 米ドルの外貨準備高に占めるシェアが低下 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46354982

この記事へのトラックバック一覧です: 対日経済審査報告書(OECD):

« サモア沖でM8.0の地震 津波の恐れ | トップページ | 米ドルの外貨準備高に占めるシェアが低下 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ