« ルーブルが基軸通貨となるには10年かかる? | トップページ | 訪朝時の援助を見送り(中国) »

2009.10.18

株式インサイダー取引容疑で逮捕・起訴 計2000万ドル(約18億円)の利益

 米国連邦検察当局は16日、ヘッジファンド大手

     ガリオン・グループ

設立者で資産家のラジ・ラジャラトナム容疑者ら6人を株式インサイダー取引容疑で逮捕・起訴した。

 この事件はヘッジファンドがかかわったインサイダー取引としては過去最大規模で、逮捕されたのは、ラジャラトナム容疑者のほか、インテル・キャピタルの戦略投資担当ディレクターを務めたラジブ・ゴール、マッキンゼーのディレクター、ア ニル・クマー、IBMの幹部ロバート・モファット、ベアー・スターンズ・アセット・マネジメントの元幹部ダニエル・キエシ、マーク・カーランドの各容疑者6人は計2000万ドル(約18億円)の利益を不正に得たとされる。

 

また今回はインサイダー取引の摘発を狙って盗聴器が利用された初めてのケースで、これは米国政府が今後、組織犯罪を犯すウォール街の企業や麻薬事件に対し同じ手法を用いることを示唆している。

 ただ、犯罪捜査で盗聴器が利用されるということであれば最初からインサイダー取引が行われるとの情報があったことにもなり、これ以外にも同様の犯罪行為があったのか注目される。

« ルーブルが基軸通貨となるには10年かかる? | トップページ | 訪朝時の援助を見送り(中国) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46513857

この記事へのトラックバック一覧です: 株式インサイダー取引容疑で逮捕・起訴 計2000万ドル(約18億円)の利益:

« ルーブルが基軸通貨となるには10年かかる? | トップページ | 訪朝時の援助を見送り(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ