« 格付け会社に対する監督体制を改善すべき | トップページ | インフレ懸念で金が最高値を更新 »

2009.10.06

インフレ率は2011年末まで抑制(EU)

 スラムコ総裁(スロバキア中銀)の発言
   欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバー

  全般的に現在の為替相場に大きな問題は感じていない。インフレ動向に関しても問題はない。現在のユーロの為替相場水準に満足していることを示唆した。
 また、16カ国から成るユーロ圏のインフレ率は

      2011年末まで抑制

されるとの見通しを示した。   
 なお、ECBのトリシェ総裁とラガルド仏財務相は5日、世界的な調整のなかでユーロがドル下落の負担の大き過ぎる部分を担うべきではないとの見解を示した。

 ユーロは対米ドルで5月以来で約11%上昇しており、一部当局者の間では景気回復に対する悪影響への懸念が高まっている。 

« 格付け会社に対する監督体制を改善すべき | トップページ | インフレ懸念で金が最高値を更新 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46414456

この記事へのトラックバック一覧です: インフレ率は2011年末まで抑制(EU):

« 格付け会社に対する監督体制を改善すべき | トップページ | インフレ懸念で金が最高値を更新 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ