« 通貨の問題は20カ国・地域(G20)で協議する必要 | トップページ | ポンド/ドルが 1.80台までポンド高が進む、とのレポート »

2009.10.15

SCO加盟国間の貿易で互いの通貨を使用することを検討

国営イラン通信(IRNA)の報道(14日)

 ラヒミ副大統領はSCOのオブザーバーとして参加した上海協力機構(SCO)会合で、SCO加盟国に対し

    域内貿易を容易にするための通貨

の創設を求めた。

 加盟国間の貿易量の多さを考慮すると地域通貨の導入は有益だと主張した

 中国やロシアなどSCOのメンバーはこの日、加盟国間の貿易で互いの通貨を使用することを検討する方針を示した。

 これにより、エネルギー取引で米ドル使用が排除される可能性がある。

 マシモフ首相(カザフスタン)の声明(14日)

 カザフスタンに加えて中国、ロシア、キルギス、タジキスタン、ウズベキスタンのSCO加盟6カ国の首脳は、カザフの金融都市アルマトイで年内に会議を開き、相互の通貨の使用について協議することで合意したという。

 SCOの取り組みが加速すれば米ドル需要が大きく後退するきっかけのもなり、米ドルの下落が始まるかもしれない。ただ、米ドル資産を多く所有する中国やロシアは下落スピードをコントロールする可能性は高くしばらくは様子見となる見込みだ。

« 通貨の問題は20カ国・地域(G20)で協議する必要 | トップページ | ポンド/ドルが 1.80台までポンド高が進む、とのレポート »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46488907

この記事へのトラックバック一覧です: SCO加盟国間の貿易で互いの通貨を使用することを検討:

« 通貨の問題は20カ国・地域(G20)で協議する必要 | トップページ | ポンド/ドルが 1.80台までポンド高が進む、とのレポート »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ