« CITグループ 事前調整型破産の申請か? | トップページ | 米ドルへの差し迫ったリスクは無い »

2009.10.01

豪経済の回復は注目に値する

 国際通貨基金(IMF)の公表(1日)

 IMFは世界経済見通し(WEO)で豪州が

    工業生産や小売売上高、景況感

の各指標の最近の推移では回復途上にあることを示唆していると分析した。

 オーストラリア経済が回復するなか、同国政府と中央銀行は景気刺激のための財政出動の解除と利上げの準備を整える必要があるとの見解を示した。

  同国の輸出実績は卓越していると述べた。   

 

鉄鉱石などの一次産品に対する中国の需要に加え、約50年ぶりの低水準の政策金利を背景にした力強い個人消費と420億豪ドル(約3兆3300億円)の政府支出を考慮し、IMFは

    豪州のリセッション見通し

を撤回した。

 今年の成長率をプラス0.7%、来年をプラス2%と予想した。

 4月時点ではそれぞれマイナス1.4%、プラス0.6%としており大きく改善していることが明らかになった。  

   

« CITグループ 事前調整型破産の申請か? | トップページ | 米ドルへの差し迫ったリスクは無い »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46363451

この記事へのトラックバック一覧です: 豪経済の回復は注目に値する:

« CITグループ 事前調整型破産の申請か? | トップページ | 米ドルへの差し迫ったリスクは無い »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ