« 米国の10月IBD/TIPP景気楽観指数は悪化 | トップページ | インフレ目標を下回る経済状況 »

2009.10.14

イランの外貨準備はユーロが主要通貨となった

 イラン中央銀行のガザビ上席副総裁がブルームバーグとのインタビューで、同国外貨準備に占めるユーロの比率が米ドルに替わり主要通貨となったことを明らかにした。

 
ユーロ/円にほんブログ村 為替ブログへ
 ボリン上下線と移動平均線は上向きの動きが止まり天井部分で水平方向に流れている。

 取引は欧州株式市場の大幅安があったものの円を買う動きは弱く、ユーロを買う動きが強まり一時133.50円台まで上昇したもののその後の買いが続かずに移動平均線まで下押しされている。

 目先、サポートに効きが問題で経済指標に左右されて値が上下に振れやすい環境となってきている。

 売り込まれると132.10円付近まで押される可能性が高い。

« 米国の10月IBD/TIPP景気楽観指数は悪化 | トップページ | インフレ目標を下回る経済状況 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46480511

この記事へのトラックバック一覧です: イランの外貨準備はユーロが主要通貨となった:

« 米国の10月IBD/TIPP景気楽観指数は悪化 | トップページ | インフレ目標を下回る経済状況 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ