« 原油取引 米ドル以外の通貨の拡大は利点がある | トップページ | ペン・トリーティーの破産回避には10億ドルの追加資本が必要 »

2009.10.09

失業増加と低い賃金インフレという障害が英国の住宅価格を引き下げる

 格付け会社フィッチ・レーティングスは、英国の雇用統計で失業が増加しており、その影響から住宅需要が後退するため、ここ数カ月続いた英国の住宅価格の上昇が近く反転するとの見通しを示した。

 英住宅金融大手ネーションワイド・ビルディング・ソサイエティーが先週発表した9月の英住宅価格は5カ月連続で上昇しており、過去1年間の下落分を帳消しにした。

 ただ、2007年10月のピークからは依然13%下げており、フィッチは今後この下げが30%まで拡大すると見込んでいるようだ。

   

« 原油取引 米ドル以外の通貨の拡大は利点がある | トップページ | ペン・トリーティーの破産回避には10億ドルの追加資本が必要 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46436100

この記事へのトラックバック一覧です: 失業増加と低い賃金インフレという障害が英国の住宅価格を引き下げる:

« 原油取引 米ドル以外の通貨の拡大は利点がある | トップページ | ペン・トリーティーの破産回避には10億ドルの追加資本が必要 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ