« 雇用はもうしばらく弱い状態が続く見通し(カナダ) | トップページ | 出口戦略ののタイミング »

2009.11.07

インフレを抑制するという中央銀行としての使命

 ゴンサレスパラモ専務理事(ECB)の講演(6日)

    場 所 ロンドン

 非標準的な景気刺激措置の解消について、各国中銀は

   撤退が早過ぎるか遅きに失するリスク

を除外できないとの見解を示した。
 また、緩和的な金融政策の終了時期を見極めるのは困難であり、景気刺激措置の解消が遅すぎるのは危険なこととなる。
 それは、インフレ抑制という中央銀行としての使命に対する信頼を失う恐れがあるからだと述べた。

 出口戦略の段階的な実施を進める上での基本方針は

     適時性と漸進主義

であると主張、トリシェ総裁(ECB)の5日の発言を踏襲した内容であった。  

« 雇用はもうしばらく弱い状態が続く見通し(カナダ) | トップページ | 出口戦略ののタイミング »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46694643

この記事へのトラックバック一覧です: インフレを抑制するという中央銀行としての使命:

« 雇用はもうしばらく弱い状態が続く見通し(カナダ) | トップページ | 出口戦略ののタイミング »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ