« 商業用不動産市場は大きな試練 | トップページ | マーケットではリスク資産の持ち高を減らす動き »

2009.11.20

米ドルの価値低下が必ずしもインフレを誘発するとは限らない

 フィッシャー総裁(ダラス連銀)の発言

 通信社マーケット・ニュース・インターナショナルMNI)は同総裁とのインタビューで、主要通貨と比較した米ドルの価値低下が必ずしもインフレを誘発するとは限らないとの認識を示したと報じた。

 また、米国経済は回復しているものの

    多くの雇用を生み出すことは恐らくない

と言及し、来年の成長は予想より弱いものになる可能性があると述べた。   

 米ドルについては留意する必要があるとする一方で、インフレへの影響という面では、米ドル安が無秩序なものにならない限り、米ドルの下落、または米ドルの緩やかな下落は必ずしも大きなインフレ誘発要因とはならないと指摘した。

 市場予想によると、来年の経済成長率はプラス3%以上だが、フィッシャー総裁はその水準を下回る可能性が高いと懸念していると述べた。

« 商業用不動産市場は大きな試練 | トップページ | マーケットではリスク資産の持ち高を減らす動き »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46808161

この記事へのトラックバック一覧です: 米ドルの価値低下が必ずしもインフレを誘発するとは限らない:

« 商業用不動産市場は大きな試練 | トップページ | マーケットではリスク資産の持ち高を減らす動き »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ