« 新型インフルエンザによる世界の確認死者数が1万人を突破 | トップページ | ドバイに対する追加支援 »

2009.12.21

強毒性新型インフルエンザに有効

 東京大学などの研究チームは治験が進められているインフルエンザの新たな国産治療薬について 

   強毒性の H5N1型ウイルス

による致死率が大幅に下がることを動物実験で明らかにした。

 この治療薬はT-705という富士フィルムH.P の子会社である製薬会社

   富山化学工業

が開発したもので、インフルエンザウイルスの複製時に働く酵素

   RNAポリメラーゼ関連記事

の働きを邪魔し、感染した細胞内で増殖を防ぐという。

   
 タミフルやリレンザが増殖後に働くウイルスの表面たんぱく質の働きを抑えるのと仕組みが異なり全てのインフルエンザの型に対応した効果が期待できるのではないかといわれている。
 そのためH1型などの季節性ウイルスに対する有効性も動物実験で確認されており、早ければ、来シーズンにも、一般で使用される。  

 研究チームでは、マウスに対してH5N1型ウイルスを感染させ、投与開始時間の差をタミフルと比較した結果、感染1時間後に投与するとT-705は8匹のマウスのうち投与量によって3週間後も5~8匹が生存したのに対し、タミフルは半数が死んだという。

 また、48時間後の投与でもタミフルが3匹生存だったのに対し、投与量によって6~8匹生存しており効果の差は大きいようだ。

 さらに、タミフル耐性ウイルスでも実験したところ高い生存率を示した。

    

« 新型インフルエンザによる世界の確認死者数が1万人を突破 | トップページ | ドバイに対する追加支援 »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/47074215

この記事へのトラックバック一覧です: 強毒性新型インフルエンザに有効:

« 新型インフルエンザによる世界の確認死者数が1万人を突破 | トップページ | ドバイに対する追加支援 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ