« 11月末時点の外貨準備高(韓国) | トップページ | 銀行の資金調達の問題はECBの政策支援で解消 »

2009.12.03

デリバティブ取引の透明性向上を図る方針

 ガイトナー財務長官の証言(2日)

 上院農業委員会の公聴会で、決済機関が保証する

    店頭デリバティブ(金融派生商品)

について、規制当局が適用範囲などの判断を下すべきだと証言した。   

 オバマ政権は取引所と決済機関を通じたデリバティブ取引を推進することにより、透明性向上を図る方針を示しており

    中央決済義務の範囲に関する決定

を民間セクターのみに依存すべきではないと述べた。

 決済機関は取引を保証し、ディーラーや企業に担保や証拠金に関する条件を義務付けるとしている。

« 11月末時点の外貨準備高(韓国) | トップページ | 銀行の資金調達の問題はECBの政策支援で解消 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/46923123

この記事へのトラックバック一覧です: デリバティブ取引の透明性向上を図る方針:

« 11月末時点の外貨準備高(韓国) | トップページ | 銀行の資金調達の問題はECBの政策支援で解消 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ