« 歳出規模1230億ユーロ(約15兆9000億円)の2010年度予算案を承認 | トップページ | 米国のリセッションはまだ終わっていない »

2009.12.18

究極のキャリートレード

 クレディ・スイスの陶冬氏(エコノミスト 香港在勤)の発言(17日)

   場  所  香 港 

 

来年の世界経済を脅かす最大のリスク要因は

   米ドルを調達通貨

としたキャリートレードの巻き戻しだとの考えを示した。

 米国の金融当局は08年12月から事実上のゼロ金利政策を取っており、こうした低金利通貨で調達し高金利国の資産に投資するキャリートレードが

   最大の時限爆弾

なっており、キャリートレードの巻き戻しと米ドルがともに2010年の最大のリスクとなっていると述べた。    

 陶氏は、1兆4000億-2兆ドルの資金がキャリートレードに使われている可能性があり、その巻き戻しが為替や商品、新興市場株のボラティリティー(変動性)を上昇させることがあり得ると指摘した。

 なお、ヌリエル・ルービニ教授(ニューヨーク大学)も米ドルを使った

    究極のキャリートレード

に言及している。

« 歳出規模1230億ユーロ(約15兆9000億円)の2010年度予算案を承認 | トップページ | 米国のリセッションはまだ終わっていない »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/47049550

この記事へのトラックバック一覧です: 究極のキャリートレード:

« 歳出規模1230億ユーロ(約15兆9000億円)の2010年度予算案を承認 | トップページ | 米国のリセッションはまだ終わっていない »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ