« 米国経済の回復は遅れ気味 | トップページ | 経済指標・イベント »

2010.01.09

 12月の雇用統計米国)

 労働省の発表(8日)

 12月の雇用統計によると、非農業部門雇用者数(事業所調査、季節調整済み)は

    前月比-8万5000人

となった。
 なお、11月は 4000人増加と、速報値(1万1000人減)から約2年ぶりのプラスに修正された。

 家計調査に基づく12月の失業率は

    10%

なり前月と同率にとどまった。
 一方、平均失業期間は29.1週(前月28.6週)と、同項目の集計が開始された1948年以降で最長となった。

 事業所調査の雇用者数では、建設業が寒冷な気候が反映され5万3000人減少し、マイナス幅は前月(2万7000人減)のほぼ2倍に拡大した。

 また、製造業は2万7000人減(前月は3万5000人減)と、減少幅は07年12月以来の最小となった。
 自動車・同部品部門では4900人減少した。

 銀行や保険会社、レストランや小売業者を含む広義のサービス業は4000人減少したが、前月は6万2000人増加で調整が入ったようだ。

 景気回復に伴い金融部門は4000人増加し、前月(6000人減)からプラスに転換している。
 なお、小売業は1万200人減少(前月は1万3500人減)した。  

 企業は需要回復の持続性を見極めるまで、まず非正規社員の雇用拡大で対応することから人材派遣部門では、雇用者数全体の増加に先行する傾向がある。
 人材派遣部門の雇用者は4万6500人増加し、5カ月連続のプラスとなった。

 政府部門は2万1000人減と、前月の4000人増からマイナスに転じた。  

« 米国経済の回復は遅れ気味 | トップページ | 経済指標・イベント »

気になる指標」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/47242988

この記事へのトラックバック一覧です:  12月の雇用統計米国):

« 米国経済の回復は遅れ気味 | トップページ | 経済指標・イベント »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ