« 経済指標・イベントカレンダー | トップページ | 近い将来、財政赤字の削減で決断を下す必要(カナダ) »

2010.01.26

刺激策を一部引き揚げる動きに

 テウン・ドライスマ氏のリポート
  欧州株式戦略責任者(モルガン・スタンレー)

 欧州金融当局は

    総力を挙げての刺激策

から

    刺激策を一部引き揚げよう

という姿勢に変わったと指摘した。
 世界的に引き締め策が次々と打ち出されており、この傾向は向こう数カ月強まるだろうと述べた。

 NYダウは米国経済指標の悪化にも関わらず買いが続き80ドル近辺で推移しており売りが出ていないという対照的な動きがあった。
 なお、米ドルは一時的に反応し90円の大台を割り込む動きが出たが、短時間で回復している。

   

« 経済指標・イベントカレンダー | トップページ | 近い将来、財政赤字の削減で決断を下す必要(カナダ) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/47392950

この記事へのトラックバック一覧です: 刺激策を一部引き揚げる動きに:

« 経済指標・イベントカレンダー | トップページ | 近い将来、財政赤字の削減で決断を下す必要(カナダ) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ