« SDRが準備通貨として使われるようになる可能 | トップページ | 米国の長引く景気後退、米国民の31%がブッシュ前大統領の経済失政が原因との考え »

2010.02.14

おたふく風邪が流行(米国)

 ニューヨーク州と隣接するニュージャージー州で昨年8月からおたふく風邪が流行しているという。
 米国疾病対策センターCDC)によると、感染源はニューヨーク州サリバン郡でユダヤ教の少年を対象に実施されたサマーキャンプにおたふく風邪が流行していた英国から戻ったばかり11歳の少年が参加したことから感染が拡大、ニュージャージー州でもオーシャン郡などで感染が広がってお り、予防接種を受けていたのに発症した患者も多いという。

 CDCによると、米国でおたふく風邪の流行が広がるのは、6,584人が感染した06年以来のこと。

 同地域の自治体の保健局などによると、8日までに1,000人を超す感染者が確認された。 
 ニューヨーク州オレンジ郡は11月初旬以来、これまでに494人の感染を確認した。そのほとんどはユダヤ教徒で、平均年齢は14歳だという。
 また、近隣のロックランド郡では8月以降に317人が感染、全員がユダヤ教徒で、平均年齢は14―18歳となっている。

 なお、ニューヨーク市のブルックリン地区でも昨年10月下旬の時点で79人の感染が確認されていた。


 
 
   

« SDRが準備通貨として使われるようになる可能 | トップページ | 米国の長引く景気後退、米国民の31%がブッシュ前大統領の経済失政が原因との考え »

新型インフルエンザ など」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/47562055

この記事へのトラックバック一覧です: おたふく風邪が流行(米国):

« SDRが準備通貨として使われるようになる可能 | トップページ | 米国の長引く景気後退、米国民の31%がブッシュ前大統領の経済失政が原因との考え »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ