« 長期にわたりゼロ近辺にとどめる方針(FOMC) | トップページ | ペソ建て30年物インフレ連動債の発行 »

2010.03.17

人民元の上昇再開を容認する正当性

 

米国財務省当局者が声明を発表(16日)
 米国のオバマ政権は中国の通貨政策を深刻に懸念し
   人民元の上昇が容認されること
を望んでいる
 同当局者は中国の輸出と経済の拡大に伴い、準備が継続して積み上がっているのは、人民元の上昇再開を容認する正当性を示唆していると指摘した。
 財務省は人民元切り上げを求めるシューマー上院議員(民主党、ニューヨーク州)の提案を検討する方針とみられる。
 ただ、米国債券の最大の所有者である中国にとっては米国内に投資している資産の目減りとなるため、人民元を上昇させる前に債券売りを行うことも懸念され、また、米ドル資産を使った資源開発や企業買収等の動きを強めることも考えられ波乱要因が増えそうだ。

 

« 長期にわたりゼロ近辺にとどめる方針(FOMC) | トップページ | ペソ建て30年物インフレ連動債の発行 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/47832116

この記事へのトラックバック一覧です: 人民元の上昇再開を容認する正当性:

« 長期にわたりゼロ近辺にとどめる方針(FOMC) | トップページ | ペソ建て30年物インフレ連動債の発行 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ