« 油田や原子力エネルギー開発などで合意 | トップページ | アイスランドの格付け見通しを引き下げ »

2010.04.06

為替操作国の提出の先送りを支持?

 ブルームバーグテレビジョンのインタビューで、元米通商代表部(USTR)代表で対日強硬派の円高を強力に進めていた
    カーラ・ヒルズ氏
は、オバマ政権が外国為替に関する半期報告書の提出の先送りを決めたことに支持を表明した。
 中国には国内における
   市場のゆがみを解決する時間が必要
だとの認識を示した。   
 為替問題では、中国とともに取り組むことが重要だと考えていると指摘したうえで、名指しで非難したり、為替操作国に認定しても状況は良くならないと思うと述べた。

 日本に対する要求とはかなり異なったスタンスを取っていることに注目したい。

   

« 油田や原子力エネルギー開発などで合意 | トップページ | アイスランドの格付け見通しを引き下げ »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48011111

この記事へのトラックバック一覧です: 為替操作国の提出の先送りを支持?:

« 油田や原子力エネルギー開発などで合意 | トップページ | アイスランドの格付け見通しを引き下げ »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ