« 為替政策に関する変更の発表? | トップページ | 人民元の上昇容認をすぐに再開することはないとの観測 »

2010.04.09

補助金的要素のある融資の問題(ECB)

 トリシェ総裁(ECB)の発言
    場 所  フランクフルト  

 ギリシャへの金融支援パッケージの一環として各国政府が融資を実行する場合
   補助金的要素のある融資
は控えるよう警告した。

 ECBとしては、補助金的要素があってはならないという考えを固守しているとブルームバーグテレビのインタビューで述べたもので、どの政府も
   損失覚悟でギリシャに融資しない

よう留意する必要があるとの認識を示した。

 8日の金融市場ではギリシャの10年物国債とドイツ国債とのスプレッド(利回り格差)は 1999年のユーロ導入以来の最大を更新した。

 なお、ギリシャ政府は5月末までに116億ユーロを調達する必要がある。
 今週のギリシャ国債は、同国の債務履行に対する懸念が再燃し、下落している。

 欧州首脳は3月25日、国際通貨基金(IMF)と2国間融資の形でのギリシャ支援で合意しており、ギリシャの資金調達手段が出尽くした場合、同国は欧州支援策に基づき融資を要請できるとした。

   

« 為替政策に関する変更の発表? | トップページ | 人民元の上昇容認をすぐに再開することはないとの観測 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48036092

この記事へのトラックバック一覧です: 補助金的要素のある融資の問題(ECB):

« 為替政策に関する変更の発表? | トップページ | 人民元の上昇容認をすぐに再開することはないとの観測 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ