« ギリシャ議会 緊縮財政措置を承認 | トップページ | 独米首脳の会談 »

2010.05.07

元高容認で米国経済が失速する恐れ

 アレッサンドロ・レブッキ氏の発言
   米州開発銀行(IDB)の エコノミスト

 

中国人民元の切り上げは、
   世界経済の成長鈍化
につながり中国政府に元高容認を求めている米国などの国に逆効果をもたらす可能性が高いとみている。
 人民元の対ドル相場が4%上昇すると、中国の輸出競争力が失われて
   生産過剰
になるため、中国の国内総生産(GDP)が当初0.2%縮小すると予想され、米国や中南米の成長率も押し下げられるとの見方を示した。

 中国は2008年7月以降、米ドル・元相場を事実上固定している。

 3年間で21%高となっていた元の上昇に歯止めをかけ、日米欧がリセッションに陥る中で国内輸出企業を支援した。

   

« ギリシャ議会 緊縮財政措置を承認 | トップページ | 独米首脳の会談 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48296725

この記事へのトラックバック一覧です: 元高容認で米国経済が失速する恐れ:

« ギリシャ議会 緊縮財政措置を承認 | トップページ | 独米首脳の会談 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ