« ネーキッドの空売りを一時禁止(ドイツ) | トップページ | 金融取引税の導入を支持(ドイツ) »

2010.05.19

アジア諸国への資本の流入が急増する可能性

アジア開発銀行(ADB)公表した報告書(18日)
 ADBは、経済や金融システムのリスクになる
    資金流入を抑制

する上で、アジア諸国の当局は資本流入の急増に対処するために利用可能な政策手段をすべて検討すべきと指摘したうえで、政策の組み合わせの一つとして
    資本規制が有益

かもしれないとの見解を示した。
 国際通貨基金(IMF)は先月、一部の中南米諸国通貨の過度の上昇に歯止めをかける手段として、資本流入への課税に支持を表明した。

 アジアの高利回り資産に対する欧米金融機関の投資需要に後押しされる形で、インドネシア・ルピアや韓国ウォンは米連邦準備制度理事会(FRB)が政策金利をゼロ近く引き下げた2008年12月以後、25%余り上昇している。
 ADBは国際金融協会(IIF)の予測を引用し、アジア途上国への民間資本の純流入額が  
  今年 2724億ドル(約25兆円)
に達する見通しだと説明した。
 なお、景気後退が深刻化した昨年は2829億ドルであった。

 景気回復に伴い先行的に経済が拡大する動きのなる新興国のインドからマレーシアに至るまで各国中央銀行がインフレ抑制のために
   利上げする局面
に入り、日米欧との金利差が拡大することや通貨の上昇に伴い、アジア地域に資金が流入する動きが強まることが予想される。

         

« ネーキッドの空売りを一時禁止(ドイツ) | トップページ | 金融取引税の導入を支持(ドイツ) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48397830

この記事へのトラックバック一覧です: アジア諸国への資本の流入が急増する可能性:

« ネーキッドの空売りを一時禁止(ドイツ) | トップページ | 金融取引税の導入を支持(ドイツ) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ