« 財政赤字削減に向けた緊縮財政措置は、正しい方向(スペイン) | トップページ | 世界の金融安定化に向けて米国が依然として最大の脅威(中国) »

2010.06.20

中国が為替自由化を発表

 中国人民銀行(中央銀行)は 19日 ranking 
    人民元の弾力性拡大を容認する
と 発表、カナダ・トロントで26日から開催される20カ国・地域(G20)首脳会議を1週間後に控え、1年11カ月にわたって続けてきた米ドルに対する元 レートの事実上のペッグ制(固定相場制)の終了を示唆した。関連記事)  ranking 

 中国金融当局は、世界的な金融危機による需要減少に輸出業者が対応できるよ う、08年7月以降、元の対米ドル相場の上昇を阻止してきた結果中銀のドル買いで同国の外貨準備高は
    2兆4000億ドル
まで増加している。 ranking 

  元は05年7月にペッグ制が廃止された後3年間で21%上昇した。
 元の上昇を容認すれば輸入物価の低下で
    インフレが抑制
され、国内のインフレ 傾向に一定の歯止めが掛かることや同中銀の米ドル買いの必要性も限定されることが考えられ、米ドルの急落リスクの緩和にもつながる。  ranking 

 

ウエブサイトに掲載された発表文では、人民元相場の弾力性を強めるとの決定を下した理由について、中国経済が改 善を示しているためだと指摘している。

 さらに、大規模な切り上げの基礎となるものではないと付け加えた。
 なお、人民元の対ドル相場の 1日当たりの現行変動幅(上下0.5%)は維持するとしている。 ranking 

 李稲葵氏(人民銀貨幣政策委員)はブルームバーグからのインタビューで、中国は自国経済が力 強く回復し、インフレ圧力が引き続き高まっていることから、危機の事態に導入した相場政策に終止符を打ったと述べた。
 また、人民元の今後のトレ ンドは
   ユーロ相場
お よび他の主要通貨の動き次第となると語った。 ranking 

 趙慶明氏(上級アナリスト 中国建設銀行 北京在勤)の発言 
 人民銀の声明は対米ドル・ペッ グ制廃止を意味しているとし、ユーロ相場がこのまま軟調地合いを継続すれば、元相場は対米ドル価値が低下するかもしれないと述べた。 ranking 

    

« 財政赤字削減に向けた緊縮財政措置は、正しい方向(スペイン) | トップページ | 世界の金融安定化に向けて米国が依然として最大の脅威(中国) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48673685

この記事へのトラックバック一覧です: 中国が為替自由化を発表:

« 財政赤字削減に向けた緊縮財政措置は、正しい方向(スペイン) | トップページ | 世界の金融安定化に向けて米国が依然として最大の脅威(中国) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ