« 高速道路無料化社会実験区間 | トップページ | 欧州域内の驚くほど力強い景気回復 »

2010.06.29

欧州金融機関のストレステストは対象を拡大し、ソブリン債のリスクも査定

 7月12-13日にブリュッセルでストレステストについて協議するEU財務相理事会向けに準備された25日付の草案をブルームバーグが入手したという。  欧州連合(EU)は、加盟国内の銀行に対するストレステスト(健全性審査)で銀行システムへの衝撃に対する各行の健全性を計る際に
   ソブリン債のリスクも査定
するべきだとみていることが明らかになった。 ranking

 この草案によると、同理事会はストレステストを実施している欧州銀行監督者委員会(CEBS)に対し、対象行を
   より多数の金融機関に
拡大することを求める見通しとしている。 ranking

 国際決済銀行(BIS)の調査によると、欧州の銀行は2009年末時点で、ギリシャやイタリア、ポルトガル、スペインの債券を総額2兆2900億ドル保有していたという。 ranking

 なお、ギリシャの債務危機がイタリアやスペイン、ポルトガルなどほかのEU加盟国にも波及しているとの投資家の懸念から、こうした国の借り入れコストが上昇しており、銀行が保有するソブリン債についての疑問が高まっている。 ranking

 欧州の金融システムが衝撃に耐え得ることを証明するため、EU各国首脳は17日の首脳会議で、ストレステストの結果を7月後半に公表することで合意している。  ranking

     

« 高速道路無料化社会実験区間 | トップページ | 欧州域内の驚くほど力強い景気回復 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48747528

この記事へのトラックバック一覧です: 欧州金融機関のストレステストは対象を拡大し、ソブリン債のリスクも査定:

« 高速道路無料化社会実験区間 | トップページ | 欧州域内の驚くほど力強い景気回復 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ