« 改革の実行に全力で取り組む考え(ギリシャ) | トップページ | 米国債の需要が減退 »

2010.06.14

成長見通しとインフレの影響

 コチャラコタ総裁(ミネアポリス連銀)の講演(11日) ranking 

 基本的にわたしは楽観的で、成長見通しとインフレの影響に関しては特にそうだ。
 米国の景気回復は
  労働市場
  銀行融資

の脆弱さにより、抑制されているとの認識を示し、米国の失業率が今年9%を下回る可能性、もしくは2011年末までに8%を下回る公算はいずれも低いとした。 ranking
 一方、今後2年間にわたり経済成長率は平均で約3.5%になるとの見通しを示した。
 その上で、景気回復は順調に進行していると述べた。同総裁は4-6月(第2四半期)の成長率が約3%になると見込んでいるとのこと。 ranking 

 また、欧州の景気低迷が米国の回復に及ぼす影響は
  わずかにとどまる
と予想、理由として米国の輸出に占める欧州の割合が相対的に
  小さい
ことを挙げた。  ranking 

 ただ、直接取引は少ないものの間接的な影響、特にアフリカや中南米東南アジアなどとの関係から見ればユーロ安は当然ながら、同地域との関係でも旧宗主国として貿易関係の緊密さがあり、競合関係にあるため輸出攻勢が掛かれば影響を受ける。また、金利引き上げになれば米ドルとユーロが等価になることも予想され、影響は更に強まる可能性が残っている。 ranking 

« 改革の実行に全力で取り組む考え(ギリシャ) | トップページ | 米国債の需要が減退 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48624987

この記事へのトラックバック一覧です: 成長見通しとインフレの影響:

« 改革の実行に全力で取り組む考え(ギリシャ) | トップページ | 米国債の需要が減退 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ