« 新規則の制定で商品市場での相場操縦を証明するのがより容易 | トップページ | 経済指標・イベントカレンダー »

2010.07.21

6月の住宅着工・許可統計(米国)

 商務省が20日発表した
    6月の住宅着工・許可統計   ranking
は着工件数が季節調整済みの年率換算で
   54万9000戸(前月比-5%)
と、昨年10月以来8カ月ぶり低水準となった。  ranking 
 なお、減少は2カ月連続で事前の市場予想の58万戸を大幅に下回った。  
 前年比では5.8%減と、11月以来の大幅な減少となった。

 また、5月分は前回の10%減から14.9%減に下方修正された。    ranking

 一方、許可件数は年率換算で
   58万6000戸(前月比+2.1%)
で、事前の市場予想では57万戸に減少するとみられていたが前月の5.9%減から予想に反して増加に転じた。  ranking

 住宅在庫が大きく積み上がっている現状にあることから、住宅着工の減少は予想されていたところであり、在庫水準が下がるまでは着工件数が改善する可能性は低いと考えられる。 ranking

 許可件数が増加していることから、住宅建設が上向く可能性に対する期待が残っている。  

 集合住宅の着工件数は年率9万5000戸(前月比-21.5%)で、振れの大きい集合住宅が大きく落ち込んだことから全体の数字を押し下げており、都市部における回復が遅れている。  ranking

 また、1戸立て住宅着工件数は年率45万4000戸(前月比-0.7%)で、09年5月以来の低水準となった。  

 建設が完了した住宅件数は年率88万6000戸(前月比+26.2%)と過去最大の伸びを記録し、08年12月以来の高水準になった。  
 また、建設中の住宅件数は5.5%減少し45万戸と、過去最低水準を更新しており、新規の住宅供給が今後市場へ流れ込むことが少なくなり、価格下落が止まり反転も期待される。  ranking

    

« 新規則の制定で商品市場での相場操縦を証明するのがより容易 | トップページ | 経済指標・イベントカレンダー »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48929941

この記事へのトラックバック一覧です: 6月の住宅着工・許可統計(米国):

« 新規則の制定で商品市場での相場操縦を証明するのがより容易 | トップページ | 経済指標・イベントカレンダー »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ