« 日本の復元力 | トップページ | フラッシュフォワード »

2010.07.26

油井の構造的統合性に問題は?

 米国連邦政府の調査では、英国の石油大手BPが
   コスト削減のため安全性を犠牲 ranking
にしたかどうかに重点が置かれ、メキシコ湾で爆発したリグ(石油掘削装置)
   ディープウオーター・ホライズン
でマネジャーらを統括していた同社の油井現場チーム責任者
   ジョン・ガイド
は事故前になされた幾つかの決定に関して質問された際、当局者らに対し
   経済的な面は要因ではなかった
と述べた。ranking

 この中にはマコンド油井の
   ケーシング(抗井の内枠)
に関してコストの低い設計を採用したことや、油井の構造的統合性を確認するための試験を制限したことなどが含まれる。

 ガイド氏は、米沿岸警備隊と内務省が22日、ルイジアナ州ケナーで開いた公聴会で
   コスト削減を考慮に入れたことは全くない
   安全性に関してそれは断じてない

と証言した。ranking

 なお、専門委員会は、トランスオーシャンが操業するリグで4月20日に発生した爆発事故の原因を調査している。ranking

  

« 日本の復元力 | トップページ | フラッシュフォワード »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48977930

この記事へのトラックバック一覧です: 油井の構造的統合性に問題は?:

« 日本の復元力 | トップページ | フラッシュフォワード »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ