« 経済指標・イベントカレンダー | トップページ | 野村ホールディングスをプライマリーディーラーに起用(スペイン) »

2010.07.20

ヒポ・レアルエステート・ホールディング ストレステスト(健全性審査)で不合格

 サブプライムローン問題で派生した金融危機の打撃を受けドイツ政府に国有化された同国不動産金融大手
   ヒポ・レアルエステート・ホールディング
は、欧州連合(EU)が実施している
   ストレステスト(健全性審査)で不合格
となったことを結果に詳しい関係者2人がブルームバーグの取材に対し明らかにしたという。 ranking  

 正式な発表を23日に控えて匿名を条件に語った同関係者によれば、ヒポ・レアルエステートは、景気減速やソブリン債での損失による影響を想定した際の資本水準においてストレステストに合格しなかった。

 なお、ドイツの金融機関でストレステストに不合格となるのはヒポのみの一行となる可能性が高いという。  
 ヒポがウェブサイトに掲載した今年6月の発表で、同社のTier1比率は3月末時点で7.7%。また、5月には、ギリシャ、イタリア、スペインの債券を計721億ユーロ(約8兆1000億円)相当保有していることを明らかにしておりソブリン債券の下落の影響が高く反映したのだろう。 ranking

 ただ、ヒポの幹部はコメントを出していない。   

 EUのストレステストは、中核的自己資本(Tier1)比率の
   最低基準を6%
とし、昨年米国で実施されたテストと同等の合否ラインを設定しているといわれている。ranking

  

« 経済指標・イベントカレンダー | トップページ | 野村ホールディングスをプライマリーディーラーに起用(スペイン) »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/48921975

この記事へのトラックバック一覧です: ヒポ・レアルエステート・ホールディング ストレステスト(健全性審査)で不合格:

« 経済指標・イベントカレンダー | トップページ | 野村ホールディングスをプライマリーディーラーに起用(スペイン) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ