« 危機の演出で為替は動かず | トップページ | 英国経済は景気回復が続く公算 »

2010.08.11

中国人民元の上昇は緩やかなペースだが、長期的には大幅な上昇になり得る

 中国人民銀行(中央銀行)貨幣政策委員会の元委員、樊綱氏の発言(10日)ranking
    要 件  香港で開催のフォーラムにおいて
 中国人民元の上昇は緩やかなペースではあるが、中長期で見れば
    世界経済の均衡回復
に役立つような大幅な上昇になり得るとの見方を示した。ranking
  
 長期的には、人民元が米ドルに対して上昇を続けるとみているものの、ペースは緩やかだろうと述べた上で、段階的な上昇アプローチだからといって、小さな動きだというわけではないと語った。
 中期的には大きな動きとなり得るし、世界経済の均衡回復につながることも可能だと付け加えた。ranking

 中国との取引が米国との取引を上回っている日本経済にとって大きなインパクトがある問題だが、マスコミの報道はほとんどが無視して報道していない。ranking
 ただ、こうした人民元の上昇においては日本企業への投資活動が活発化する動き強まり、更に中国経済に強く組み込まれることとなるが、これまでの円安を意識した輸出企業中心の政策を改めなければ多くの企業の資本的支配が中国に企業に変わることになる可能性がある。ranking
 円安傾向を意図的に作り出しインフレを起すような流れを作れば、強くなった人民元の力に円が押しつぶされることにもなりかねず円に地位が弄ばれることを考えるべきだ。ranking
  日本製品の価格競争力を過小評価し相互に価格を引き下げる無意味な競争を繰り返していては資源高騰の流れが国民を直撃し、資産の海外流出を加速させるだけで税収は拡大しないことにもなり景気は良くならない。 ranking

    

« 危機の演出で為替は動かず | トップページ | 英国経済は景気回復が続く公算 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49118767

この記事へのトラックバック一覧です: 中国人民元の上昇は緩やかなペースだが、長期的には大幅な上昇になり得る:

« 危機の演出で為替は動かず | トップページ | 英国経済は景気回復が続く公算 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ