« 1─7月の世界の粗鋼生産 | トップページ | 人民元建て債券の販売拡大 »

2010.08.22

豪選挙結果 週明けは豪ドル売りが先行する予定

 豪の総選挙は21日投開票が行われ、与党・労働党と最大野党・自由党率いる保守連合ともに下院(定数150)で過半数(76議席)に届かなかった。

 ギラード首相(労働党)とアボット党首(自由党)はそれぞれ次期政権に向けて意欲を示した。
 二大勢力がいずれも過半数を確保できない、いわゆる
    ハングパーラメント(中ぶらりん議会)
は1940年の総選挙以来70年ぶりの異常事態。   

 豪州の選挙管理委員会のウエブサイトによると74.8%の開票時点で労働党は70議席、保守連合は71議席を獲得しており。
 6議席が未定。独立系議員が2議席、緑の党が1議席を得た。 ranking  

 ギラード首相(労働党)とアボット党首(自由党)率いる保守連合の議席数はいずれも過半数に届かず、次期政権作りのためには
   独立系議員の支持を得る必要
があるが交渉には数日間続く可能性があり、労働党が提案している
   資源税などの問題
の先行きもさらに不透明となる恐れがある。 ranking 

 このままでは週明けの豪ドルは資金流出する動きが強まり下落する可能性が高いと市場では見ている。
 資源税の行方が気になるところで、投資会社の思惑が外れるような動きになれば一斉に資金が流出し豪ドルの暴落がおきるかもしれない。
 ranking 
  
 ただ、意図的に企業にとって有利な条件を引き出すために浅い売りを仕掛けるだけで反発する動きになるかもしれないが、以前、資源会社が仕掛けた動きが繰り返される可能性の方が高そうだ。
 ranking 

« 1─7月の世界の粗鋼生産 | トップページ | 人民元建て債券の販売拡大 »

One MileStone」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49222177

この記事へのトラックバック一覧です: 豪選挙結果 週明けは豪ドル売りが先行する予定:

« 1─7月の世界の粗鋼生産 | トップページ | 人民元建て債券の販売拡大 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ