« 口先だけで何も出来ないのでは... | トップページ | 米国の景気は7月半ばから8月末までに引き続き拡大(ベージュブック) »

2010.09.08

投資家は一部諸国のソブリン債や域内の国債を保有する銀行に対して弱気な見方を変えていない

 ジャック・カイユ氏(チーフエコノミスト)の発言(7日)
   ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)
    要  件  ブルームバーグラジオとのインタビュー
 欧州連合(EU)がユーロ圏内の脆弱な諸国の救済に向け
     7500億ユーロ(約81兆円)
の金融支援策を取りまとめた後も、必要な資本増強の水準が低くとどまっていることや、銀行セクターを肩代わりするための各国の資金調達の必要性が低下していることを背景に、中期的にはこうした問題は引き続き残ると予想していると述べた。ranking

 短期的な安心買いもみられたものの市場は依然として、こうした各国経済が自律成長できるという見解に疑問を投げ掛けていることから、投資家は一部諸国のソブリン債や域内の国債を保有する銀行に対して弱気な見方を変えておらず、こうした不安から投資を抑制しているようだと指摘した。ranking

 2カ月前に欧州の銀行を対象に実施されたストレステスト(健全性審査)の公式結果は多くの場合、個別銀行が公表したものと異なっていたため、不安が解消されておらず、テストの一貫性について疑問符が付けられたままにあるという。ranking

   

« 口先だけで何も出来ないのでは... | トップページ | 米国の景気は7月半ばから8月末までに引き続き拡大(ベージュブック) »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49385422

この記事へのトラックバック一覧です: 投資家は一部諸国のソブリン債や域内の国債を保有する銀行に対して弱気な見方を変えていない:

« 口先だけで何も出来ないのでは... | トップページ | 米国の景気は7月半ばから8月末までに引き続き拡大(ベージュブック) »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ