« エージェンシーコスト (agency cost) | トップページ | ユーロの存続に向けた取り組みは両刃の剣 »

2010.09.21

景気回復に停滞の兆しが表れた場合には、国債購入の規模が引き上げられる

 リチャード・クラリダ氏の発言(20日)
   グローバル戦略アドバイザー(PIMCO)
   コロンビア大学の経済学教授

 ブルームバーグラジオとのインタビューで、21日に開催されるの米連邦公開市場委員会(FOMC)の声明の文言は
    年内にバランスシート拡大
の現実的な可能性があることを市場に示唆し、準備を促すものになるだろうと述べた。
 また、さらなる刺激策に関してはFOMC内でその必要性の程度について見解が分かれていることから、FRBによる国債購入の規模は
    1兆ドルよりも5000億ドルに近くなる
だろうと話した。 ranking 

 米国の連邦準備制度理事会(FRB)は昨年、量的緩和政策を通じて3000億ドル相当の米国政府証券を購入した。
 8月10日のFOMCでは、政府支援機関債や住宅ローン担保証券(MBS)の償還金を米国債に再投資することを決定している。

 景気回復に停滞の兆しが表れた場合には、国債購入の規模が引き上げられるとの観測が強まった。ranking    

   

« エージェンシーコスト (agency cost) | トップページ | ユーロの存続に向けた取り組みは両刃の剣 »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49513509

この記事へのトラックバック一覧です: 景気回復に停滞の兆しが表れた場合には、国債購入の規模が引き上げられる:

« エージェンシーコスト (agency cost) | トップページ | ユーロの存続に向けた取り組みは両刃の剣 »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ