« 世界の住宅価格の回復ペースは11年に鈍る見通し | トップページ | 外国為替取引をしているのは誰? »

2010.09.19

トレール注文のメリットとデメリット

 トレール注文の最大のメリットはストップロスのための逆指値注文を置いておくだけではなく、実勢の取引レートとほぼ同じ値幅間隔で、ストップ注文の指定レートを徐々に有利な方向へ自動的に追尾しいく方式のため、利益の最大化をはかることを目的としています。 ranking  

 相場形成の流れの中で、その時々の最高値を自動で追跡し、その最高値から指定したトレール値幅でロスカットをするという注文方式のため、うまく上昇トレンドに乗ることができたとすれば利益を追求するといった面で一番有効なものとなります。  ranking  

 ただ、相場が狭いレンジ相場に入った時には、トレールの値段が狭いと注文単価に引っかかってしまうことにもなり、値幅を調整することが必要となります。
 こうした狭いレンジでのボックス相場で動く時にはトレール注文では多くの場合にデメリットとなりえます。 ranking  

 トレール注文の威力が発揮されるのは、レンジブレイク後のトレンド追従型の取引を行うときと考えた方が良く利益が出始めてからの注文ということにもなります。

 なお、この取引では自動的にその時々の最高値を追尾していくため、サーバーが弱いFX会社のトレール注文を利用すると注文がこなせず、価格の把握もあまり良くない為、出来るだけ取引の多い信用の置ける会社を選択することが必要です。 ranking  

   

« 世界の住宅価格の回復ペースは11年に鈍る見通し | トップページ | 外国為替取引をしているのは誰? »

はじめてのFX CFD BO」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49492222

この記事へのトラックバック一覧です: トレール注文のメリットとデメリット:

« 世界の住宅価格の回復ペースは11年に鈍る見通し | トップページ | 外国為替取引をしているのは誰? »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ