« ユーロを嫌われ者と見る欧州住民が半数を超えた | トップページ | 元はなおも過小評価されている »

2010.09.16

為替介入資金を回収しないとは???

 池田元久財務副大臣は16日午後の定例会見で、日本銀行が市場に出た
 為替介入資金を回収しない
非不胎化を実施しているとの見方を示した。
 また、追加金融緩和策を鋭意検討することへの期待を示した。ranking
 (何故回収しないのか説明が不足している。ただ、米ドルの買い支えに使うだけであり、買い支えた米ドルの運用先は米国債ということで、何期に換金できない仕組みを受け入れたのではないのか。)

 池田氏は非不胎化介入について
    円高是正だけでなく、金融緩和の効果
はあるものであり、整合性のある措置だと述べた。ranking

 ただ、考える基軸を変えてこの措置を見ると違った姿が見えることに気づくべきだろう。
 日本銀行は市場に出た介入資金を回収しないという考えということでは円安途中での利益確保の措置を意図的に講じないままで見過ごし、国債の借金の大きさばかりをマスコミに報道させ徴税の増額を図り、増加する国民一人当たりの借金の多さを意識させこれを将来の負担としないように、増税で少なくさせることがあたかも必要だという認識を植えつける手法に利用していると思わせるものだ。
 また、目的の水準まで単純に円を売る流れを作るのではなく途中何度も利益を得るように調整することが介入資金を増加させる事となる。ranking

 日銀が市場に流した円を中国等の新興国や欧米が買った場合に回収する動きの手を封じることは、安い金利の円を売ったはいいものの信用度の低い米ドルを買うことであり、手持ち資金が不安定化を増すだけとなる。手足を縛った状態で基軸通貨としての地位をなくす可能性が高い、米ドルを保持するなどという馬鹿げたことを続けることは日本の国益を阻害することにもなるだろう。ranking

 介入資金の原資となる外国為替資金特別会計の
    借入限度枠145兆円
を突破する可能性もあるというが、この資金を運用することでの利益を公表すべきだ。
 財務省は今年度予算で同枠を5兆円引き上げていたというが売り買いを繰り返し手持ちポジションを良くする手立てを講じるべきだろう。ranking

 こうそろそろ日本の国益を考えて米国とは等距離の外交を確保することが必要であり、米国流の経済や行政システムに追随して、日本の体力を弱らせるような仕組みを野放図にカットして破壊することは止めるべきだ。ranking

 そもそも普天間基地の問題は、日本の生命線であるシーレーンを守ることや中国や北朝鮮への対抗措置としての安保体制での位置づけにも思える。ranking
 
しかし沖縄の米軍基地のある位置(ポジション、役目)を考えれば、米国との関係が悪化した場合に
   日本の生命線を押さえるという目的
が隠れているということや東京周辺の米軍基地等の位置関係から核兵器の持込と同所で爆破させれば関東周辺の3000万人への壊滅的な打撃攻撃が風向き等により可能であるという事実があることを忘れている。
ranking

    

« ユーロを嫌われ者と見る欧州住民が半数を超えた | トップページ | 元はなおも過小評価されている »

要人発言」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/4817/49469930

この記事へのトラックバック一覧です: 為替介入資金を回収しないとは???:

« ユーロを嫌われ者と見る欧州住民が半数を超えた | トップページ | 元はなおも過小評価されている »

はじめに


  • 当ブログ内の情報はあくまでも参考情報です。投資にあたっての判断は投資する方の自己責任でお願いします。当ブログでは一切の責任を負いませんのでご了承下さい。
     
    人気ブログランキングへ
    にほんブログ村 為替ブログへ
    FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング
       

記事検索


  • Google
    WWW を検索
    このブログ内を検索

    ジオターゲティング

MARKET TIME


  • fxwill.com

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

国別政策金利

最新スワップ表

無料ブログはココログ